トウキョウジョシ。

コスメ情報、ダイエット情報、美容情報諸々を独断と偏見でつらつらと。

プチプラマスカラ下地対決!キャンメイクとケイト(ラッシュマキシマイザー)を比較!【口コミ】

 

ケイトのマスカラ下地「ラッシュマキシマイザー」とキャンメイクのマスカラ下地を比較!

皆さん、マスカラ下地、使っていますか?

マスカラ下地をマスカラの前に使うことで、

  • マスカラのモチを良くする
  • カールキープしてくれる

などのメリットがあります💡特にカールキープに関しては、マスカラ下地を塗るだけで全然違いますよ〜✨

そんなマスカラ下地ですが、プチプラのものだと

が有名です。

今回は、キャンメイクのクイックラッシュカーラーと、ケイトのラッシュマキシマイザーを比べていきたいと思います✨

比較ポイント1: マスカラ下地の色

ますばマスカラ下地の色です。

実は、

  • ケイトのマスカラ下地は白
  • キャンメイクのマスカラ下地は黒、ブラウン、透明と3種類から選べる

と大きな差があります。

そのため、

  • ケイト: ブラウンマスカラやカラーマスカラを上から重ねたい方にはオススメ。ただし、マスカラ下地一本で仕上げるといった使い方はできません
  • キャンメイク: マスカラ下地一本でマイクを完了させることも可能(ナチュラルに仕上がります)。上からカラーマスカラをのせたい場合には不向きだと思います

比較ポイントその2: 形状

実はコームの形状にも差があり、

  • ケイト: いわゆる普通のマスカラと同様です。
  • キャンメイク: コーム上になっています

ご参考までに、キャンメイクのコームの写真をのせておきます💡

f:id:cosme_blog:20190611151934j:image

くし形なので、まつげをセパレートさせて綺麗に伸ばしてくれます✨

一方のケイトは、根元からまつげをしっかり掴んで、ボリュームアップしてくれるような印象です。

比較ポイントその3: カールキープ力

両方使ってみた感想として、カールキープ力は両方とも高く、大きな差はないように感じました。

比較ポイントその4: 長さかボリュームか?

まず、キャンメイクに関しては、くし形のコームということもあって、まつげをセパレートさせて綺麗に伸ばしてくれます💡

一方でキャンメイクは、繊維も多く含まれており、まつげのボリュームがぐんっとアップします💡

比較ポイントその4: メイクオフ

オフする際は、どちらもアイメイクリムーバーで落とされることをオススメします。

というのも、二つとも、キープ力が高いだけあって普通のクレンジングで落ちにくいです。無理にこすると色素沈着の原因にもなるので必ずアイメイクリムーバーを使いましょう。

ちなみに私は、ビフェスタを愛用しています💡

 

結論: ケイトもキャンメイクも実力は高いですが特徴が全く異なります!

結論としては、両方とも、マスカラ下地としての実力は高いのですが、特徴が異なるので、使い分けがオススメです。

具体的には、ケイトのマスカラ下地はこんな方にオススメ!

  • まつげをボリュームアップさせたい方
  • 繊維たっぷりのマスカラがお好きな方
  • カラーマスカラも使う方

一方で、キャンメイクのマスカラ下地はこんな方にオススメ!

  • まつげを長く見せたい方
  • マスカラ下地だけで仕上げるような使い方もしたい方
  • ブラックやブラウン系のマスカラを使う機会が多い方

どちらもプチプラなので、2本とも購入して、メイクに合わせて使い分けるのもオススメです。私は2本とも持っていて、シーンに合わせて両方使っています💡

マスカラ下地を使うだけで、カールのモチやマスカラのモチが全然違ってきます。試したことのない方は、ぜひ一度、プチプラマスカラ下地をお試しされることをオススメします✨

[http://